はないちご農園
ホーム 農園紹介 和歌山ブランドまりひめ はないちご農園商品案内 いちごの食べ方 販売について お問合わせ
和歌山ブランドまりひめ
まりひめとは
まりひめは和歌山県が開発したオリジナル品種です。イチゴ市場の近年の傾向として、より早い時期に出荷が求められるようになっています。
和歌山県ではこれまで「さちのか」を中心に栽培されていましたが、「さちのか」は収穫が始められる時期が遅く、それに代わる早生種の必要性が高まっていました。
そこで、県が主導となって開発が行われ、2003(平成15)年に、「章姫(あきひめ)」を子房親とし、そこに花粉親として「さちのか」を交配てできた実生から選抜育成し、「まりひめ」という新しいオリジナル品種が生み出されました。
「まりひめ」は、2008(平成20)年3月品種登録出願、2010(平成22)年3月品種登録されました。
名称は和歌山県の郷土工芸品「紀州手まり」のように親しまれるようにという意味がこめられているそうです。
○まりひめの収穫時期
まりひめは「さちのか」と比較して、収穫開始が2週間以上早い12月上旬からとなっています。
食べ頃の旬の時期は1月~3月となります。
収穫時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


まりひめとは
まりひめの特徴
栽培方法







農園紹介 和歌山まりひめ 商品のご案内 いちごの食べ方 販売について お問い合わせ
園主ご挨拶 まりひめとは いちごジャム そのままで 販売・ご注文方法 Facebook
農園のこだわり まりひめの特長 いちごソース いちごジャム ブログ
設備紹介 栽培方法 クラッシュアイス いちごソース アクセス
まるごと冷凍いちご クラッシュいちご
ドライまりひめ まるごと冷凍いちご
ドライまりひめ
Copyrightc2015 Hanaichigonouen All Right Reserved